妻や家族に想いをはせる写真集を夏休み前に。「センチメンタルな旅」、「妻を撮ること」、「もう、家に帰ろう」


センチメンタルな旅、妻を撮ること、もう家に帰ろう
7月になりました。
早速、夏休みの方もいらっしゃるでしょうか。

世の男性諸氏、お父さん諸氏、夫君諸氏に「家族、妻を想う写真集」をご紹介します。
ご家族とのご旅行や行楽の前にご一覧頂き、「ああ、こんな風だったよなあ」なんて、みずみずしい感情を思い出してみてください。

まずは、
センチメンタルな旅」です。
天才アラーキーこと荒木経惟氏の歴史的代表作。

センチメンタルな旅_復刻版
こちらが、復刻版となって今年2016年に河出書房新社から発売されました。
「復刊ドットコム」というサイトがあり、こちらで復刊が企画されたものです。
「私家版でのみ刊行された天才・アラーキーの“幻”の写真集が、まさかの限定復刻!」


「センチメンタルな旅」については、しばらくこちら↓のダイジェスト版的な版が入手可能なものでした。

オリジナル版に比べて一部21枚の写真のみの収録となっておりまして、「ほかの写真はどんなものだろう?」と待ち望まれていたものです。
オリジナル版は私家版(自費出版)で古書市場でも非常に希少で出回らず、数十万円の価値がつくものです。

今でもこの続編、「続センチメンタルな旅 沖縄 荒木経惟写真集2」は復刊されておらず、WEBで出ている情報でも78,000円のものがあります(2016/7/1現在)。
持っている方、ご連絡下さい。買取させて頂きます!

次に、藤代冥砂氏の2冊。
もう、家に帰ろう」と「もう、家に帰ろう〈2〉」。

もう、家に帰ろう2冊
藤代氏はファッション写真などを中心に活躍するカメラマン。奥様はファッションモデルの田辺あゆさん。
お二人の生活を撮っています。
2人だけの生活に、やがて子どもが生まれ、家族になってゆく様子が描かれています。

最後に、妻を撮ること」。
妻を撮ること
写真家の中村泰介氏のもとに、奥様が「転がり込ん」で来る。
最初は切なく、なんとなく危なっかしい感じが、だんだんしっくりとした空気が漂ってきます。

恋愛と家族と生活と人生と、ゆっくり思ってみる夏もいいものです。

カテゴリー: スタッフブログ タグ: , パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。