成毛眞さんの著書で、ネットの古本買取が紹介されてるんですが。。。


IMG_3027

本棚お助け隊 菅原でございます。

「本棚にもルールがある」成毛眞著です。

成毛氏は、HONZ主催者。本好きの方はご存知ですね。
初見の方には、マイクロソフト日本法人元社長さん、という肩書でも有名な方です。

この本には、「本をどんどん買って、自分の頭をアップデートしよう」的なことなどが書かれているのですが。
どんどん買って、つまらない本と思ったら躊躇なく捨てるべき、とあります。

そして、
61ページ。
「売る本のストックがいっぱいになったら、古本買い取り業者に売る。店にもっていかなくても、ネットで申し込み、宅配便でピックアップしてもらえれば、あとで買い取り料金が振り込まれる。」とあります。

おー。
思わぬところから援軍を頂いた気分です(勝手に喜んでます)。

このように続きます。
「高くは買いとられないが、取りに来てもらえるので効率がいい。目的は小遣い稼ぎではなくスペースの無駄遣いを避けるためだと割り切る。」

・・・・・・

うちは、結構頑張ってます!、と何とか成毛氏にお伝えしたい、と強く思った次第です。
結構、高めに買い取りさせて頂いておりますよ!と。
お蔭様で、ご紹介キャンペーンもご好評いただいておりますよ!と。

成毛さん、どちらへ頼まれてるのだろう?
やはり業界大手さんだろうか?
と勝手な詮索をしてしまうのでありました。


業界のためにも私たちのためにも、頑張らなきゃな!と決意を勝手に新たにした次第です。

ある人にとってはご不要になった本を、次に必要とする方に手渡しをしてゆくのが古本屋の仕事です。
頑張ります!


そもそも、
この成毛さんの本を読まれている方は、本好きな方が多そうに想像しますが、すでに当店などを含めてネット買取店をご利用の方も多いような気がしますですが。


また、どんな本を選んで本棚を作ってゆくか、という点について、
「サイエンス」、「経済」、「歴史」のない本棚は作ってはいけない」、とあります。

自分の本棚にも、いろいろあるのですが、歴史がほんの少ししかない。
これは頑張らないとな、と思いました。




カテゴリー: スタッフブログ パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。