カラーボックスを縦積みしただけの本棚がどれだけ危険か計算してみました。


カラーボックス蔵書全景_R

皆さんご存知、カラーボックス。
本棚としてもとても使いやすいです。

ところで、
このカラーボックス、縦に積んで使っている方、いませんか?
ちゃんと上下のボックス同士が離れないように、完全に繋いでいますか?
もしかして、ただ載せただけ、積んだだけ、な方、いらっしゃいませんでしょうか?

積んだだけ、なんて、危険な気がしまして、どれだけ危険か、試算してみました。

まずは、カラーボックスに入る本の冊数を数えてみる

まず、カラーボックスのサイズを確定します。
たくさん流通してそうな大手2社、ニトリとアイリスオーヤマのもので見てみました。

ニトリのものは、幅41.9×奥行29.8×高さ87.8cm。
アイリスオーヤマは、幅41.5×奥行29×高さ88cm。
およそ一緒ですので、その前提で進めます。

本の収蔵数については、単行本の場合で計算します。

まず、横に、単行本で約25冊が並びました。こちらはニトリのカラーボックス。
カラーボックス横幅 で本25冊_R

奥行きが30CM弱あります。単行本の奥行き(幅)は15CM前後が大半です。
そのため、前後に2列並べて収納できます。
カラーボックスの蔵書、前後_R
すると、1段当たりは50冊置ける計算です。
3段合計で、およそ150冊程度の収納数、となります。

ちなみに、全部文庫だった場合や新書だった場合ですが。
文庫の場合はおよそ単行本の2倍強として、300冊強程度。(大きさが、文庫は単行本の半分。厚さはやや薄いのが平均的。)

同様に、新書の場合は、単行本の場合の1.2~1.5倍程度で200~230冊前後、がおおよその収納数量となります。
また、全部ムックや雑誌などA4版程度の本だった場合は、単行本の場合の約60%程度、で90冊前後ぐらい、となります。

一覧表にすると以下のようになります。
カラーボックスに入る本の量

カラーボックスいっぱいに入った本、重さに直すとどのくらい?

重さに直すとどのくらいでしょうか?
はかり

まず、本を10冊ずつ、いろんな種類の重さを測って見ました。

小説などのハードカバー系単行本は、4.6KGありました。これはさすがにハードカバーだけあって重い。
ハードカバー4.6Kilo_R

語学参考書や理系参考書などに多いA5サイズのソフトカバー本は、3.8KGぐらい。
A5単行本、3.8キロ_R

ビジネス書や実用書に多いソフトカバーの単行本は2.5KGぐらい。
ソフトカバー、2.5㎏_R

様々な単行本を想定すると、10冊で3.5KGぐらいが平均値になりそうです。

すると、カラーボックスに入る単行本150冊分は、
3.5×15=およそ52.5キロ、となります。

大体50KGはありそうだ、としたほうがよさそうですね。
結構な重さです。

カラーボックス1つ分が本でいっぱいだった場合の重さ

一覧表にするとこんな感じです。
カラーボックスに入る本の重さ・重量
(概算です)

カラーボックス自体の自重が9キロ。
中に入っている本がおよそ40~80キロ。
平均的には30~60キロぐらいでしょうか。

1列のみにて使う、というのはあまりなさそうですので、2列以上での使用想定です。
蔵書の入れ方、詰め方はいろいろだと思いますが、軽い場合でもトータルで50キロは超える事が多そうだということが分かりました。


とうことで出た結論のまず一つ目。

カラーボックスを縦に積み上げるのは絶対にキケン!今すぐやめましょう!

枕元に置いてある方はいませんか?
地震などで崩れて来たら本当に大変です。

繰り返しますが、
約50キロ超の重量物。

これが頭に降ってくることを考えると。。

カラーボックスを縦に置いた場合の高さは約90センチ弱。
これを縦に積むと、約180センチ。
90センチ以上の高さから、これだけの重量物が襲ってきます。
加速度もついてさらに落下パワーは増しているはずです。

確かに、1段で90センチで、積んで180センチ。
ここまでなら手が届く方も結構いる高さですし、収まりが良いサイズ感で、ついつい重ねて使ってしまいがちな感じです。

でも、繰り返しますが、これはとても危険です。

上下のカラーボックスをきちんと繋いでいるから大丈夫、という方もいるかもしれません。
例えば、ステープル釘や又釘などで繋いだり接着剤でも繋いだり。それでも、板が1枚状になって上下一体化のようになっていない以上は一定以上の力がかかるとバラバラになってしまいます。
バラバラになって、上の段のカラーボックスがそのまま落ちてきます。
直下型地震だった場合は、ほぼほぼ無理な感じです。

カラーボックス1台分を段ボールに入れるとどのくらいの数になるでしょうか?

本棚お助け隊のダンボールは、「カラーボックスの前後2列の単行本1段分がちょうど入る大きさ」です。
ですので、3段のカラーボックスでは、3箱分ぐらいです。

ダンボールの内側の高さが20CM強、です。
その中に、本を寝かせて積んで入れることを想定します。
ダンボールの面はA3大ですので、単行本が4面入る大きさです。

カラーボックスの幅が40センチ。
従って、1列の場合は、ダンボール半分。
2列で前後に並べて収蔵している場合は、1箱で1段分。
目いっぱいカラーボックスに入れている場合で3箱分ぐらい、となります。
4箱あれば十分に入ると思います。

実際にダンボールに入れた本の重さ例

買取キットのダンボールに雑誌などを入れた例です。
買取キットダンボール中身_雑誌 18キロ強
約18KG強です。重いですね。

買取キットダンボール中身_雑誌 (1)
こんな風に入っています。結構みっちりです。

雑誌は、単行本などに比べて重くなりがちです。
なぜなら、カラー刷りが多かったり良質な紙を使っていたりして、そもそもが重いです。

りんごの箱、22.5キロ
リンゴの箱に入れた例。
22.5KG。これは重いです。
20KGになると男性でも重いと感じる方が多いはずです。

これらの本を、例えば2階の部屋から降ろすとなると。。。
なかなか一苦労になりますね。
面倒で片付けを先延ばしにされている方もいらっしゃるかもしれません。

最終結論:カラーボックスの縦積みはキケンです!特に2階以上の部屋!

ぜひ蔵書整理や処分のお時間を作って頂き、今すぐ身の安全を確保しましょう~。


参考までに、コミックの重さも測ってみました。

コミックコレクターの方は大量蔵書になりがちですよね。

そこで、コミックでも10冊ずつの重さを測ってみました。
新書版コミック1.5キロ_R
新書版コミックは1.5キロ。軽いですね。

B6版コミック2.5キロ_R
B6版コミック(青年コミックなどに多いサイズ)は、2.5キロ。ソフトカバー単行本とほぼ同じになりました。判型もさすがに似てます。

A5版コミック4キロ_R
A5版のコミックは4キロ。重めです。完全版や豪華版などで見かけるサイズです。


新書サイズはやや軽いですね、ほかはおよそ同じぐらいになりました。

参考情報:カラーボックスのメーカーや値段など。

カラーボックスは、最近ではニトリとアイリスオーヤマの二強がかなりのマーケット流通量を占めているように思います、なんとなくですが。

現在、ネットで探す限りですと最安値はニトリ。お値段以上。
ニトリカラーボックス

税込み1,190円。
2架で送料合わせて2,905円。1架分は1,452円です。

ニトリの次に安いのが、おそらくアマゾンで売っているアイリスオーヤマのもの。
1つ分で1,500円送料込み、税込み。
1つだけ買うならアマゾンでアイリスオーヤマ一択ですね。

ちなみに、ニトリとアイリスでは材質が異なるようです。
ニトリは中空ボード。アイリスは非中空。
2段以上重ねて使いたい方は、必然的にアイリスでしょうか。

カテゴリー: スタッフブログ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは受け付けていません。