ピアノの先生


くま子は5歳から、たしか15歳ごろまで、
ピアノを習っていました
といっても、何しろ飽きっぽい&享楽的な性格なので、
上達するために必要な「ちょっと大変な練習」を
どうやってさぼろうか、と、そんなことばかり考えていました。

大嫌いだった指練習用の楽譜『ハノン』は「なくしました」と、
また、同じく嫌いなメトロノームは「壊れました」と、
いつもわかりやすい嘘をつくくま子でしたが、
先生は責めることもなく、いつもいつも、やさしかった。
くま子がなかなか上手にならなくても、
数少ない「良いところ」を探して、
一生懸命ほめてくれました

それから、先生は「音楽」と「教えること」を心から
愛していることが全身から伝わる人で、
ちびっ子が複数集まると、
カスタネットやタンバリンで小さな音楽会をしたり、
ソルフェージュの練習をしたり、音のあてっこをしたり。
楽譜の書き方も、先生に教えてもらいました
今考えると、明らかにお月謝に見合わないくらい、
濃いレッスンでした

くま子は今でも、ジャンルを問わず音楽が大好きですが、
音楽の基礎と、何より「音を楽しむ」ことを教えてくれた先生に、
いつもお礼を言いたいと、ずっと思っていました。
でも、その教室は閉じてしまったと母から聞いていたので、
きっと、もう会えないのだろう、と思っていました。

ところが、ある時ふと、当時小さかった
「先生の息子さんの名前」を思い出し、
facebookで検索したところ、まさかのヒット!!!
思い切ってメッセージを送ってみると、
お返事が返ってきました。

なんと、先生はいまも現役で、
旦那さんのご実家があるところで教えていらっしゃるそうです!
「くま子さんが音楽を好きでいてくれること、母も喜ぶと思います。
発表会など、お時間があれば見に来てくださいね」と。

おおお
先生は、今もたくさんの生徒たちに、
音楽の楽しさを教え続けているのですね

くま子も仕事は好きですが、
改めて、先生のように自分の仕事に誇りと情熱をもって、
生きていきたいと思ったのでした

ほたてのカスタネット
写真は、青森でゲットしたほたて型カスタネット=ほたてネットです。
リズムを刻むと、「うん タンタン うん タタンタタン」という、
先生のやさしい声が聞こえてきそうです

くま子
----------------------------------------–
本棚お助け隊では、
古本・DVD・ゲーム等の買取・販売を行っております♪
買取金額を全額チャリティーに寄付できる
チャリティー買取もございます。
あなたの読み終わった本、見終わったDVDが募金になります。

【通常の買取サイト】
本棚お助け隊HP

【チャリティー買取サイト】
本棚お助け隊チャリティーページ

【Amazon販売サイト】
本店
アウトレット店

カテゴリー: スタッフブログ タグ: , パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。