古着屋さんで思うこと


急遽よそいきのワンピースが必要になり、高田馬場の古着屋さんに行ってきました。
ここのお店、コートなどの大物を除くほとんどの商品が500円以内で、激安なんです

主婦の強い味方だわ~ とウホウホで店内を物色していると、ありましたよ。

すてきなベロアのワンピースが、なんと500円!

横にも伸びるし(これ大事)、中年体型が板についてきたくま子のボデーをやさしく包んでくれそうです。
と、ウホウホでレジに並んでいると、ご婦人客×2名が、レジ横でこんな会話をしていました。

ご婦人① 「(ネックレスを試着しながら)ちょっと見てよこれ。
ここに傷が付いてるのよ。100円だったらまだしも、300円でこれはないわ

ご婦人②「そうね。100円だったらまだしもね。こんなの買わないわ

ほうほうと思い、後でさりげなーくそのネックレスを手にとってみると、
確かに1箇所、留め具のそばに小さな傷がありました。
でもこの「小さな」というのは、あくまでも「くま子基準」なんですよね。

そう考えてみると、商材問わず中古ビジネスというのは、
やはりすごく難しいものだなと感じたのでした。
もちろん各社で査定基準というものがあると思いますが、それでもやっぱり難しい。
改めて考えさせられた出来事でした。日々、勉強です

カテゴリー: スタッフブログ タグ: パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。