朝の観察日記。


今日は久々に、いいお天気ですね~
今週はパッとしないお天気が続いていたので、
朝から気分↑↑です。

そして、ひと月前に始めた徒歩通勤ですが、
珍しく三日坊主にならずに続けております。
家から会社まで歩いて40~50分くらいかかるのですが、
通りの景色や民家の庭先を眺めながら歩いていると、
あっという間です。

ちょっと前まで甘いジャスミンの香りが漂っていたのですが、
いつの間にか、こちらの方々にバトンタッチしたようです。

写真 1

まずは、タチアオイ!
昼になると人があふれかえる早稲田通りですが、
何の迷いもなく、すぅと空に向かっていく姿が素敵です。

そして、梅雨に向けて、この方々もスタンバイ中。

写真 2

東北生まれなので、東京の梅雨は本当に苦手ですが、
毎年色とりどりのアジサイに、どれだけ救われていることか。

最後は、こちらの方。
ボケボケ写真ですみません…薔薇の先端です。

バラ

学生時代、国語科の教育実習で
2週間ほど母校の中学にお世話になったことがあります。
その際に、正岡子規さんの短歌を取り上げました。

————————————
くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 
針やわらかに 春雨の降る
————————————

初めに詩を読んだ時に浮かんだ映像を
自由に生徒に描いてもらったのですが、
皆「真っ赤な薔薇」の絵を書いていました:rose:

そこで、私が実家の庭から持ってきた
薔薇の枝を生徒たちに見せ、
「芽」を観察してもらいました。
ほやほやと心もとない、紅がかった薔薇の芽に触れて
「おおー」と言っていた生徒たちの顔が忘れられません。
薔薇の季節になると、いつもこの時のことを思い出します:blush:

さて、しっかりお昼ごはんを食べて、
引き続き、明日のイベント準備です!

くま子:bear:

カテゴリー: スタッフブログ タグ: , , , パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。