こども宅食から感謝状を頂きました



昨年12月、弊社では文京区の「こども宅食」事業に参加させて頂き、利用家庭の子どもたちへのクリスマスプレゼントとして、セレクト絵本を贈りました。そのことで、昨日感謝状を頂きました。
こども宅食の利用者さんに「おさがりの絵本」を届けた小さな絵本店の話
改めてこの企画の実現にご尽力頂いたRCFの大根田様、四登様、フローレンスの山崎様、キッズドアの塚本様を始め、関係者の皆さまには心より感謝申し上げます。

また、お客様、お取引先様、地域の皆様を始め、日頃より弊社を支えてくださる皆さま、いつもありがとうございます。この感謝状は、皆さまのお力添えに対して頂いたものと感じています。
私たちは、この仕事からとても大きな気づきや学びを頂きました。
そうです、私たちこそが、大きな大きなクリスマスプレゼントを頂いたのです。

この仕事を通じて、いろんな人達の気持ち、あたたかさ、優しさをとても強く身近に感じる事が出来ました。また、一人一人の子ども達に、一冊一冊の本を届けることの喜びを、新鮮にかみしめる機会となりました。
昨日の懇親会にて、利用家庭をとりまく読書環境(おうちに十分な本や絵本がない)についても伺い、本に携わる者として、まだまだ私たちがやるべき事があると思いました。

これからも、皆で力を合わせて新しいチャレンジをしてゆきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

カテゴリー: スタッフブログ, 古本チャリティ募金 パーマリンク 投稿日: 作成者: 本棚お助け隊

コメントは停止中です。